英語・留学

[オンライン英会話初心者]は非ネイティブ講師がおすすめ!発音とかどうなの?

アイコン名を入力

英会話入門者です。

オンライン英会話では、ネイティブの先生を選ぶべき?

アメショー先生

こんな疑問に答えるにゃ!

筆者自己紹介

オーストラリアに18年住んでます。応用言語学修士。英語は生涯勉強科目です。最近オンライン英会話を楽しんでいます。

ここではオンライン英会話の先生を大きく3つに分けてみます。

  1. 非ネイティブの先生:フィリピン人など。勉強して英語を習得した先生たち。
  2. ネイティブの先生:英語以外の言語を勉強していない先生。
  3. ネイティブの先生:英語以外の言語を勉強している先生。

結論から言えば、オンライン英会話入門者には上記①の非ネイティブの先生をおすすめします。

ただし、初心者向けの素晴らしいネイティブの先生もいますので、あくまで傾向的な話ということでご了承ください。

この記事でいう「ネイティブの先生」は上記②の「英語以外の言語を勉強していない先生」を指しています。

非ネイティブの先生をおすすめする主な理由は、

  • 英語が聞き取りやすい
  • 英語を勉強してきた経験があるので学習者の気持ちが理解しやすい
  • ネイティブ先生の半額以下
  • 英語がネイティブ並みの先生も結構いる
  • 教材ベースの授業なので、ネイティブかどうかは問題になりづらい

あたりでしょうか。

ネイティブの発音ってなんだろう?

非ネイティブの先生に教わるときに、やはり気になるのは発音の問題じゃないでしょうか。

英語学習者は、ネイティブの英語を目指すわけだから、発音はネイティブの英語を学んだほうが良い。という主張はあると思います。

もっともな意見だと思います。

でも、ネイティブの英語とは何でしょう。

  • アメリカ英語?
  • イギリス英語?
  • カナダ英語?
  • オーストラリア英語?

そして、アメリカ英語でも、テキサスとカリフォルニアでは違うでしょう。

オーストラリア訛りの強い英語は本当に理解するのが難しいですし、大学などの講師の英語は聞きやすい人が多いです。

英語は世界中で話されている言語なので、訛りの数もとても多いのです。

これは日本でも大阪弁、東北弁など「~弁」が無数にあることを思えばわかりやすいと思います。

そして、英語を学ぶ上で、特に入門者のうちに先生の訛りは、あまり、深く考慮する部分ではないと考えます。

これは発音を軽視しているわけではありません。発音を学ぶのはとても大事です。

関連記事>>[大人になって英語の発音は無理]はほんと?いいえ初心者こそやるべきです。

関連記事>>[英語耳レビュー]ネイティブみたいに話したい!

ただ、どんな発音を目指すかは、自分が練習して習得するもので、いろいろな先生のいろいろな発音を耳で聞いて身につけるのは難しいということです。

つまり、英語発音の学習は、

基本の発音を教材などで学び、学力が上がってから、アメリカや、イギリスのスタンダードを選び、その発音に寄せるように練習していく

という道をたどることになるのが王道だと思います。

非ネイティブの先生のメリット

非ネイティブの先生の英語のほうが聞き取りやすい

もちろん先生の英語が聞き取りやすいかどうかは個人差があります。

筆者自身が何人かの講師たちのレッスンを受けてみて、やはり非ネイティブの先生の英語のほうがわかりやすいと感じました。

そしてあるネイティブの先生が言っていたのですが、

非ネイティブの人は個々の英単語をクリアーに発音する傾向にある

ということです。

これは映画などを見るとわかると思いますが、ネイティブの英語は1つ1つの単語がリンキングされ、音が連なってしまう傾向にあります。

もちろん、そういう英語で勉強したいのであればチャレンジするのもいいと思います。

ただし、リスニング力がつくのにはそれなりに時間がかかります。

アメリカの言語学者のスティーブンクラッシェンはコンプリヘンシブル・インプット(理解できるインプット)の重要性を主張しています。

つまりある程度理解できるレベルの英語を聴くことが言語の習得の近道になるということです。

この点において、やはり入門者には非ネイティブの理解しやすい英語の先生をおすすめします。

関連記事>>オンライン英会話の前準備学習は必要か?

学習者の気持ちが理解しやすい

非ネイティブの先生は英語を学習して習得しているので、勉強のコツを教えてくれる先生も多いです。

確かにネイティブの先生は最高のモデルではあるのですが、英語の勉強の仕方を聞こうとしても、なかなか的を得た回答は得づらくなりがちです。

これは外国の人に、私達が日本語を教えるところを想像してみるとわかりやすいと思います。

私達は発音やグラマーを勉強して、日本語の会話力を勉強してきたわけではないので、教授法のノウハウがないと教えるのは難しいと思います。

ネイティブの半額以下の価格

価格はオンライン英会話各社でまちまちですが、格安大手のDMM英会話を参考にするとわかりやすいです。

非ネイティブプランネイティブプラン
6,480円〜15,800円〜

↑DMM英会話の基本プラン価格

ネイティブの講師は被ネイティブの講師の2倍以上の価格がします。

参考記事>>DMM英会話オンラインの体験談|教材はデイリーニュースがおすすめです!

非ネイティブの先生のデメリット

英語力の差が大きい

英語力の差は仕方がないことだと思います。何千人というオンライン英会話講師から、全てハイレベルな授業を教わるのは、難しいかもしれません。

ただ、自分がオンライン英会話を受けてきた感じでは、経験があって評価の高い先生はやはり、教え方がうまかったり、非常に親切だったり、楽しく満足の行く授業をしてくれます。

継続していくうちに良い先生をお気に入りに登録して増やしていって、その先生たちを順番に回していけば、良い授業ばかりになると思います。

まとめ:[オンライン英会話初心者]は非ネイティブ講師がおすすめ!発音問題なしです

いかがでしたか。

英会話に慣れないうちに、いきなりフリー会話をする人はあまりいないと思います。

基本的にはどこのオンライン英会話も初心者からの教材を揃えています。

教材に沿った授業を受けるのであれば、先生がネイティブでも非ネイティブでも価格差ほどの差はないと思います。

上記の通り価格は非ネイティブの先生のほうがお得です。

どこのオンライン英会話も先生に評価が付けられていて、人気講師は英語の能力が高い人が多いです。

そして被ネイティブの先生の中には非常に英語力の高い講師もいますので、お気に入りに登録して、その先生を予約できれば、とても有意義なオンライン英会話ライフを送れます。

参考記事>>おすすめ格安オンライン英会話5選[超初心者からOK]海外居住者が体験済み!

繰り返しになりますが、金銭的余裕があって、あくまでネイティブの先生で勉強を始めたいという方は評価の高い先生の中からたくさんのお気に入りの先生を探すことをおすすめします

このあたりは好みの問題もあります。どこのオンライン英会話でも体験期間を用意していますので、楽しく授業を続けられそうなコースを選びましょう。

それでは良い一日を。

みなみかぜ

関連記事>>スタディサプリENGLISH新日常英会話|海外歴18年私のアプリの効果的使い方

関連記事>>アルク[トーキングマラソン]英会話アプリの効果は?TESOL資格保持者が徹底解説!